TRAVEL

2021.01.08
TRAVEL

New way of working
自分らしく時間を過ごすための、
新しいホテルステイ②
窓からの海辺の風景が非日常感を演出

 新しい生活様式の中で、ライフスタイル、特に仕事のスタイルは、これまでとは大きく変わりました。テレワークが普及したことで、オフィスに縛られることなく自宅やお気に入りの場所で、自分のペースで仕事をすることの快適さを味わった人も多いはず。そんな中で注目されるのが、仕事と生活、そして旅とをボーダレスにつなぐ「ワーケーション」という過ごし方です。日本全国がオンラインでつながる今は、好きな場所で自分らしく過ごしながら、仕事と生活のバランスや、家族との時間を見直すチャンス。これからご紹介する7組の多彩なワーケーションスタイルを参考に、ぜひ「自分なら、今どこでどう過ごしたいか?」を一緒に考えてみてください。
  • TEXT
  • Ayako Tajiri
  •  
  • PHOTO
  • Atsushi Hara
  •  
  • share:

  • 大学時代の同級生で、都心のI T系企業に勤める彼女と、SE職の僕は付き合ってそろそろ10年目。仕事が忙しくてなかなか会う時間が取れないから、「思い切ってワーケーションしない?」という彼女の提案にのって、ここ「横浜ベイホテル東急」へ。横浜は大学時代から2人でよく行った思い出の場所だし、都内に近いから仕事をしていても安心できる。

  • 少し早起きして部屋から見える海辺の風景を満喫したら、午前中にできるだけ仕事を進めよう。仕事をするスペースには、くつろぎつつも背筋の伸びる「ベイクラブラウンジ」がお気に入り。学生時代によく2人で行った中華街の店で遅めのランチをしたら、みなとみらいを散策。こんなデートなら、忙しい2人も落ち着いた時間をもっともてるかもしれない。


  • ベイクラブラウンジではカクテルを楽しむこともできる。


  • 横浜中華街をはじめ、みなとみらいなど横浜の観光スポットへのアクセスも抜群なロケーション。


横浜ベイホテル東急


  • 住所:横浜市西区みなとみらい2-3-7
    TEL:045-682-2222(代)
    交通:東急東横線「みなとみらい駅」から徒歩約1分・横浜市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩約10分
    施設:フランス料理「クイーン・アリス」、オールデイダイニング「カフェトスカ」、バー「ジャックス」ほか
    料金:デラックスツイン¥50,000~(1室利用時の基本料金。シーズンによって異なる)
    Webサイト:ybht.co.jp
    ※ Webサイトをご確認の上、お出かけください。

【あわせて読みたい!】New way of working

関連記事

STAY