GOURMET

2022.01.21
GOURMET

見た目も可愛いひとくちお菓子、
名古屋の最新土産3選

  • TEXT
  • Mei Hiramatsu
  •  
  • share:

  • 名古屋のお土産というと、どんなものを思い浮かべるだろうか?

    あんこを使った和菓子や、喫茶文化から生まれた洋菓子など、さまざまな定番お菓子が頭に浮かぶかもしれない。

    今回はそんな定番お菓子が進化をとげた、最新の名古屋土産をご紹介。

新食感の名古屋喫茶スイーツ。東海寿の「小倉あんパフェサンド」

  • 小倉あんパフェサンド/¥1,188(税込)
  • ピンクのカラーとパフェのイラストがキュートなパッケージの「小倉あんパフェサンド」は、「小倉トーストラングドシャ」を開発した「東海寿」の商品。
  • 個包装になっておりひとつひとつにイラストがプリントされているので、お土産にも◎
  • 風味豊かなバタークッキーに挟まれているのは、小豆とコーンフレーク入りのホイップチョコ。小豆とチョコの上品な組み合わせに、コーンフレークのサクサクとした食感が合わさり、まるでパフェを食べているような感覚に……!

    名古屋ならではの喫茶スイーツを、ぜひ自宅でも楽しんで。

株式会社東海寿

  • 住所:愛知県名古屋市中村区亀島1丁目1番1号
    TEL:052-451-1357
    tokaikotobuki.jp
    ※店舗へ直接お伺いする際は、Webサイトで最新情報をご確認の上、お出かけください。

アイスキャンディーの見た目をした和菓子、大須ういろの「ウイロバー」

  • ウイロバー/¥702(税込)
  • 次にご紹介するのは、名古屋で1947年から続く「大須ういろ」が、2015年に発売してから人気の商品「ウイロバー」。
  • さくら・くろ・しろ・ないろ・まっちゃと、彩り鮮やかな5本入り。
  • 名古屋名物でもあるういろうは米粉と砂糖を使った蒸し菓子で、控えめな甘さと、もちもちとした食感が特徴的。

    ういろ(大須ういろでの「ういろう」の名称)を手軽に食べやすく、そしてより米粉の風味を大切に、という想いから生み出された「ウイロバー」は、まるでアイスキャンディのように気軽に楽しめるサイズ感。
  • ういろにこしあんを練り込み蒸しあげた、大須ういろの伝統菓子「ないろ」も含まれており、見た目もお味も唯一無二のお土産となっている。

大須ういろ本店

  • 住所:名古屋市中区大須2-18-42
    ※グランドキヨスク名古屋・ギフトキヨスク名古屋などで購入可能
    TEL:052-201-2000
    osuuiro.co.jp/
    ※店舗へ直接お伺いする際は、Webサイトで最新情報をご確認の上、お出かけください。

老舗洋菓子店のお菓子つめあわせ、
洋菓子・喫茶ボンボンの「くまちゃんマグ」

  • くまちゃんマグ/¥1,900(税込)
  • 最後にご紹介するのは、1949年創業の老舗洋菓子店「洋菓子・喫茶ボンボン」の「くまちゃんマグ」。

    人気商品「マロン」を持った愛らしいくまちゃんがプリントされたマグカップの中には、焼き菓子リトルベアーやクッキーが入っており、大人もワクワクするセット。
  • 売店には30種類以上のケーキが並び、喫茶店ではコーヒーや紅茶と共に楽しめることもあり、老若男女に愛されている「喫茶ボンボン」。お土産を購入する際には、ぜひ喫茶にも立ち寄っていただきたい。

洋菓子・喫茶ボンボン

  • 住所:愛知県名古屋市東区泉2-1-22
    TEL:052-931-0442
    cake-bonbon.com
    ※店舗へ直接お伺いする際は、Webサイトで最新情報をご確認の上、お出かけください。

関連記事

STAY