TRAVEL

2019.12.06
TRAVEL

冬はじっくり 金沢の手しごと

雨や雪の多い金沢の冬は、風情ある町家で「箔貼り体験」をするのもいい。金沢のモノづくりの神髄に触れる旅をご紹介します。
  • TEXT
  • Mami Naoe
  • PHOTO
  • Shigekazu Shinya
  • tags:
  • share:

  • 厚さわずか1万分の1ミリ。漆工芸や仏具製作に欠かせない金箔は、金沢が全国生産の99パーセントを占めている。10円玉の約半分の金を畳一枚分まで延ばすと聞けば、その薄さが想像できる。金箔作りは、今も職人による手仕事で行われている。
  • 職人が極限の薄さまで均一に伸ばした金箔。
  • この金沢の地で箔の技法を受け継ぎながら、日常でも使える現代的な箔工芸品を生み出してきた「箔一」。その老舗がひがし茶屋街の一角にコンセプトショップ「かなざわ 美かざり あさの」をプロデュース。建物2階では箔貼りの体験ができる。
  • 名人コースの所要時間は約40分。 兼六園の「ことじ灯篭」など金沢の名所や縁起物に着想を得たシールを、小物入れや姫手鏡などの工芸アイテムに貼り、特殊加工された金箔シートを使って箔貼りを楽しむ。
  • 一覧表から選んだシールを工芸アイテムに貼る。
  • 体験用の特殊なシートを使って金箔をシールの上にのせる。
  • コーティング液を塗り、表面が乾いたらシールを剝がして完成。

  • 小物入れは朱か黒、姫手鏡はアイボリーか黒から一色を選択する。デザインシールは、雪吊りなど冬ならではの柄も用意される。

  • 完成したオリジナル作品は、当日そのまま持ち帰ることができるので旅のお土産にもおすすめだ。
  • 1Fのショップでは、北陸の若手工芸作家の作品を置く。加賀繍、 加賀友禅などの金箔以外のラインナップも充実している。
  • 若手作家・石原進一さんの九谷焼の作品。

  • 趣きある町屋からは、格子越しに、艶やかに輝く黒瓦やはらはらと降る雪景色を眺めることもできる。金沢ならではの景観美に浸りながら、モノづくりの神髄に触れられる。
  • 体験処は一度に50名まで入店可。雨や雪が多い金沢の、室内で過ごせるアクティビティでもある。

かなざわ 美かざり あさの

金沢東急ホテルに泊まって、金箔貼り体験 !

  • 自分だけのオリジナル工芸品が作れる「金箔貼り体験宿泊プラン(名人コース)」をご用意しました。ひがし茶屋街にある「かなざわ 美かざり あさの」で、実際に体験できます。
    期間:2019年12月1日〜2020年3月19日まで(除外日あり)
    内容:金箔体験 名人コース(小物入れまたは姫手鏡)・周遊バス1日券(1滞在1人1枚)
    料金:ツイン2名1室 ¥14,200〜 トリプル3名1室¥20,100〜(宿泊税別)※一室あたりの素泊り料金
    《詳細はこちらから》

関連記事

PREV
NEXT

STAY