TRAVEL

2019.11.29
TRAVEL

金沢。 冬のとっておき旅

  • TEXT
  • Reiko Furuya
  • PHOTO
  • Hideki Nawate/AFLO
  •  
  • tags:
  • share:

  • 「11月6日」。この日が何の日か、ピンとくる人は、かなり北陸通といえるだろう。
  • そう、この日は、「ズワイガニ漁」の解禁日。金沢の人たちにとって待ち遠しい日だ。翌日の7日朝を迎えると、水色のタグをつけたズワイガニが市場を彩る。このタグは、石川県近郊で水揚げされた証だ。
  • 地元ではメスを「香箱ガニ」、オスを「加能ガニ」と親しみを込めて呼び分ける。メスは12月29日まで、オスは3月20日までと、漁期も異なる。
  • 冬の味覚の宝庫は、ズワイガニだけにとど まらない。鱈、ノドグロ、寒ブリ、能登かきなど、日本海の鮮度抜群の魚介類が一堂に会し、金沢市民たちはこぞって、束の間の冬の 味覚を楽しむ。
  • そんな金沢市民の台所として、街を支え続けてきたのが「近江町市場」だ。加賀藩によって享保6(1721)年に開かれ、およそ300年にわたって地元の人々の胃袋を喜ばせてきた。約2万平方メートルという巨大な敷地に、鮮魚、加賀野菜、果物など約180店舗が軒を連ね、風土や歴史が育んできた食文化を今に伝えている。
  • 北陸新幹線が開通し、いまや市民のみならず「観光客の台所」として、新たな活気を見せる「近江町市場」。ずば抜けた品揃えで、今年もこのシーズンを迎える。
  • ようこそ、冬の金沢へ!

  • COLOR THEORY FOR KANAZAWA
    時を超えて永遠の魅力を放ち続ける金沢の美を、伝統の「加賀五彩」(藍・古代紫・臙脂­・黄土・草)をモチーフにして、色ごとに美しい映像と音で編集した、見る人の感性に訴­える金沢の魅力発信ムービーです。

近江町市場

  • 住所:金沢市近江町50
    tel:076-231-1462
    アクセス:JR「金沢駅」より徒歩15分。
    バスは東口から6番〜9番の北陸鉄道または、まちバスに乗車、「武蔵ヶ辻」で下車すぐ。
    営業時間:9:00~17:00 ※店舗により異なる
    休業日:年始(1月1日~4日)※店舗により異なる

関連記事

STAY