GOURMET

2024.06.07
GOURMET

吉祥寺東急REIホテル
毎月変わる楽しい彩り。
旬をいただくランチコース

  • TEXT
  • Michiyo Nishiuehara
  • PHOTO
  • Shigeki Kuribayashi
  • share:

  • 吉祥寺駅から徒歩1分の好立地にある吉祥寺東急REIホテルでは、旬の素材を用いた月替わりのランチコースが気軽に楽しめる。

    「吉祥寺は私の料理人としてのスタート地点。この地でまた皆様にフレンチをご提供できるのは、感慨深いですね」

    そう語るのは、片之坂亨料理長。2024年1月、新料理長に就任した。

    6月は片之坂料理長の出身地である静岡県の食材をふんだんに使ったコースで、メニュー内容は月の前後半で切り替えられる。特に、後半に提供される伊豆下田で水揚げされた鮮魚のムニエルは、味わい深い一皿だ。

    月が替わって7月からは、肉と魚のどちらも満喫できる贅沢なコース内容に。パッションフルーツや夏野菜、ビネガーを使ったソースで季節感を採り入れ、「食が細くなりがちな暑い時期にもおいしく食事を楽しんでほしい」という細やかな思いが際立つ。

    パンやスープなどはビュッフェ形式で、満足感も抜群。井の頭公園の散策と合わせて、夏の贅沢ランチを!


2024年6月17日(月)~6月30日(日)


  • 前菜は、箱根山麓豚の深い味わいを堪能できるシャルキュトリ3種。静岡県産の野菜を使ったミネストロンは具だくさんでしっかりとした食べ応え。メインは伊豆下田の渡辺水産直送の鮮魚のムニエルで、桜海老のリゾットと浜名湖で穫れた青海苔ソースを添えた一皿。スイーツには静岡原産のいちご「紅ほっぺ」を使ったパンナコッタも。
  • 吉祥寺東急REIホテル 6月17日(月)~6月30日(日)までのランチメニュー
    手前が、「伊豆下田 渡邉水産直送 鮮魚のムニエル 桜海老のリゾット添え、浜名湖産青海苔ソース」。


2024年7月1日(月)~7月31日(水)


  • 前菜の鶏肉のテリーヌは、パッションフルーツを用いたソースで夏らしさを演出。魚料理は、アーモンドバターでカリッと焼き上げた鱸のカフェ・ド・パリ風。メインの牛肉のグリエは、夏野菜とビネガーを使ったさっぱりとしたビナグレッチが食欲をそそる。
  • 吉祥寺東急REIホテル7月1日(月)~7月31日(水)までのランチメニュー①
    牛肉のグリエ ビナグレッチ・モーリョ

  • 吉祥寺東急REIホテル7月1日(月)~7月31日(水)までのランチメニュー②
    鶏肉のテリーヌ パッションフルーツソース

  • 吉祥寺東急REIホテル7月1日(月)~7月31日(水)までのランチメニュー③
    鱸のカフェ・ド・パリ風



  • 井の頭 吉祥ダイニング 料理長 片之坂 亨の写真
    井の頭 吉祥ダイニング 料理長 片之坂 亨
    吉祥寺東急インに入社後、伊豆今井浜東急ホテルや東京ベイ東急ホテルの料理長を歴任。
    つねにオリジナリティあふれる上質なフレンチを追究。

吉祥寺東急REIホテル 井の頭 吉祥ダイニング

関連記事

STAY