TRAVEL

2020.11.20
TRAVEL

富士を感じる
ベースホテル

  • TEXT
  • Ayako Tajiri
  •  
  • tags:
  • share:

  • 古くから東海道の宿場町として栄えた三島は、今も富士・箱根・伊豆など人気の観光地へのアクセスに優れている。また東海道新幹線の停車駅であり、東京〜大阪をつなぐゴールデンルート上にも位置する「富士山三島東急ホテル」は、観光の拠点として絶好のロケーションといえるだろう。

  • そしてもうひとつ、訪れた人を魅了するのが客室や最上階の展望温浴施設「富士の湯」から楽しめる富士山の雄姿だ。晴れた早朝に、朝日に照らされた富士を眺めながら露天風呂で過ごすひとときは、至上の安らぎを与えてくれるはず。

  • 男性風呂/露天風呂夕景
    最上階の展望温浴施設「富士の湯」。晴れた日には富士の絶景が眼前に現れる。

  • 天井が高く、客室の窓は広くとられていて素晴らしい眺望が開けている。開放感があるため、部屋で過ごすだけでも上質なリラックス感を得られる。また、かつて富士の銘石として知られた伊豆六方石や、桜の木を使った家具、富士をかたどったグラスなど、さまざまな場所で「富士」を感じさせてくれる。

  • 富士デラックスツイン
    富士山や箱根西麓の絶景を、室内やビューバスから一望できる「富士デラックスツイン」。

  • 13階の「ROBATA GRILL 炉 L‚EAU」では、駿河湾の魚介や、三島野菜など新鮮な地元食材を炉端焼きの技術でダイナミックに調理。和洋にアレンジした料理を、食材を焼き上げる音や香りごと楽しめる。

  • 土鍋ご飯

  • 藁焼き子羊

  • レストラン全景昼
    「ROBATA GRILL 炉 L’EAU」では、丹那(たんな)ハコ豚のグリルや地金目鯛の炊き込みご飯など、地の物を使った料理が味わえる。「L ’EAU」とは、フランス語で水の意。水の都である三島とともに、炉端の「炉」の意味も。

  • 観光拠点としての使いやすさはもちろんだが、ホテル自体の居心地の良さも抜群。ゆっくりと過ごす時間も、ぜひつくってほしい。

  • フロントロビーと富士山
    石庭をイメージしたフロント。背景には富士を望むほか、六方石や桜のモチーフが使用されていて、富士を感じさせる。

富士山三島東急ホテル

  • 富士山三島東急ホテル
  • 住所:静岡県三島市一番町17-1
    TEL:055-991-0109
    交通:JR東海道新幹線・東海道本線三島駅南口から徒歩1分
    施設:レストラン「ROBATA GRILL炉 L’EAU」、露天風呂付展望温浴施設「富士の湯」、フィットネス、コインランドリーほか
    料金:スーペリアツイン¥19,360~(税込、1泊朝食付、1名あたりの基本料金。シーズンにより異なる)
    www.tokyuhotels.co.jp/mishima-h
    ※ Webサイトをご確認の上、お出かけください。

関連記事

STAY