TRAVEL

2019.12.20
TRAVEL

心安らぐ東伊豆の旅

伊豆のなかでも有数の美しさを誇る今井浜海岸。
海と一体化したホテルに泊まり、地中海料理を楽しむ旅をご提案します。
  • TEXT
  • Kaori Kuwazawa
  •  
  • PHOTO
  • Takao Ohta
  •  
  • tags:
  • share:

  • 波の音を聴きながら眠り、波の音で目が覚めるー。そんな理想的な休日を過ごせるのが、東伊豆にある伊豆今井浜東急ホテルだ。
  • 白を基調とした明るいロビー。

  • 3階のエントランスを抜けた瞬間から、非日常の時間が始まる。正面スペースの一部が吹き抜けになっており、1階までを天窓から降り注ぐ明るい光が照らし、赤や黄色の色鮮やかな花々やヤシの木々を彩っている。ガラスの向こうには芝生や花々の美しいガーデンが広がり、その遠く先に見えるのは東伊豆の青い海だ。外へ出て砂浜を歩くと、かすかに潮の香りがする。太陽が沈んでいくにつれて、空と海の色が混ざり合い、境界線がなくなっていく。
  • 2階建てのメゾネットルーム。下の階から直接プールや海に出られる。
  • 客室は、ツイン以上は全室オーシャンビュー。バルコニーに出ると東伊豆の美しい青い海が見渡せ、潮風が体をやさしく包み込む。ベッドに横たわっていても遠くから聴こえてくる波音は、まるで子守歌のようにスムーズに眠りの世界へと導いてくれる。
  • ツインルーム。オーシャンビューでバルコニー付き。
  • キッズルームには知育玩具や絵本などおもちゃが充実。
  • 日本料理「あづま」とレストラン「シャングリ・ラ」では、海を横目に眺めながら、伊豆ならではの魚介類をいただける。料理にたびたび登場する河津名産生ワサビの香り高く鼻に抜ける辛みも、旅の思い出になるはずだ。
  • 日本料理「あづま」の和食会席「暁」の「S級サザエのツボ蒸し」。平均400gもあるS級サザエと春野菜を一緒に蒸しあげ、旨みがたっぷり。
    ※2020年1月16日~3月31日提供予定。
  • レストラン「シャングリ・ラ」のフレンチコース「Co mmencer(コモンセ)」の「伊勢海老のグラタンと黒米リゾット」。伊勢海老としいたけが入っており、クリーミーなソースにマッチ。※2020年1月16日~3月31日提供予定。
  •  
  • 露天風呂では、真近に波の音を聴きながら湯に浸かることができる。見上げると、真っ暗で澄んだ空に、都会では見ることのできない満天の星が広がっている。
  • 温泉は14:30~翌10:30と、ほぼ1日中入浴が可能。
  • 夜はバー「エル・ロカ」のオリジナルカクテル「今井浜サンライズ」で海を味わいたい。今井浜の海を昇る太陽をイメージしたオレンジの2色のグラデーションが美しい。フルーティーな味わいも、特別な夜を演出しているようだ。このホテルにいると、どこにいても海を近くに感じられる。何もせず、ただぼーっと海を眺めたり、波の音を聴きながらリラックスしたひとときを楽しむ。たまにはそんな贅沢な休日を過ごしてみたい。
  • 落ち着いた雰囲気のバー「エル・ロカ」
  • 「Books & Cafe」にはデザインや写真集などアート系の本が並ぶ。
  • ティーラウンジ「フローラ」の「アリイパンケーキ」はクリームたっぷりなのに甘すぎず美味。
  • あわせて読みたい:海と太陽と大地を全身で感じながら地中海料理に舌鼓

伊豆今井浜東急ホテル

  • 住所:静岡県賀茂郡河津町見高今井35-1
    tel:0558-32-0109
    アクセス:伊豆急行「河津駅」から無料シャトルバスで約5分、伊豆急行「今井浜海岸駅」より徒歩約3分
    ディナープラン(2名1室1泊2食付。洋食・和食)¥20,200~(1名様料金。シーズンやプランによって異なる)
    www.tokyuhotels.co.jp/imaihama-h/

関連記事

PREV
NEXT

STAY