TRAVEL

2019.09.20
TRAVEL

大阪万華鏡
遊び心あふれる注目の美食エリア「福島」へ
レストラン パティスリー ジェイエス

JR東西線「新福島駅」から南方面の裏路地には、古民家をリノベーションした隠れ家風の飲食店やバーが立ち並ぶ。オシャレで落ち着ける、そんな美食の2店を厳選!
  • TEXT
  • Mikako Naka
  •  
  • PHOTO
  • Natsumi Kinugasa
  • tags:
  • share:

世界各国のエッセンスを凝縮した特別なフレンチ

  • 東京の「オテル・ドゥ・ミクニ」で腕を磨き、その後、世界各国の有名ホテルを渡り歩いてきたシェフの長峯順三さんが、2年前に夫婦でオープンした。
  •  
  • 長峯さんが作るフレンチは、生クリームやバターをほとんど使用せず、フォン・ド・ヴォー(洋風だし)を軸に、あらゆるアイデアで食材を引き立てる。これは、オーストラリア・ シドニーの名レストラン「Tetsuya’s」の料理長時代に得た手法だ。
  • ¥5,000のランチコース。ワインで軽く火入れした海老に梅干しと桃のソースが鮮やかな前菜。
  • 北海道産のふっくらとした身のヒラメに、素麺ひじき、 オーシャントラウトのキャビアをのせたひと皿。ランチ、ディナーともに必ず予約を。
  • 「オーストラリアは移民の国。料理にもさまざまな国のエッセンスが散りばめられているんです。日本の醤油を使ったり、タイやインド料理の調味料も取り入れたり。そんなオーストラリアのフレンチのスタイルが楽しくて」と語る。
  • その遊び心はいまも健在で、ソースに梅干しを混ぜたり、紅芋のパウダーで彩りをプラスしたりと、手法はバラエティに富む。
  • 「インスピレーションで作っているんです」と笑うが、これも確かな技術と経験があってこそ。
  • もうひとつの楽しみは、パティシエールの妻、幸恵さんが作る焼き菓子だ。新鮮なフルーツを使用した宝石のようなケーキやタルトが並ぶ。
  • 山形産の佐藤錦を使ったさくらんぼのタルト¥590。焼き菓子は金・土曜のみ提供。
  • ※店舗情報は2019年9月1日現在のものです。

レストラン パティスリー ジェイエス

  • 住所:大阪市福島区福島2-2-8
    tel:06-7172-0342
    営業時間:12:00〜L.O.13:15、18:00〜L.O.20:15
    定休日:月曜
    アクセス:JR東西線「新福島駅」より徒歩6分
    www.restaurantetpatisseriejs.com

関連記事

STAY