TRAVEL

2019.09.13
TRAVEL

復活!裕次郎さんとの絆のカクテル

大スターが愛したカクテルが「赤坂エクセルホテル東急」にある。そんな伝説に思いを馳せながら、かつての赤坂の夜にタイムトリップ・・・。
  • TEXT
  • Makoto Otsuka
  • PHOTO
  • Daisuke Yanagi
  • tags:
  • share:

  • 赤坂5丁目のTBSと麴町(当時)の日本テレビの中間にあたり、芸能人や文化人たちが休憩に立ち寄ることも多かった、赤坂東急ホテル(現・赤坂エクセルホテル東急)。
  • 俳優の石原裕次郎さんは14階のバー「ゴンドラ」を行きつけとしていた。そこの名バーテンダーは、裕次郎さんにとても信頼されていたという。
  • 裕次郎さんの曲「クロスオーバーラブ」(1978年)に触発されて、同名のカクテルが生まれたのだ。

  • カクテル「クロスオーバーラブ」は、情熱的な赤が印象的。
  •  
  • 今年、3階ロビーフロアにバー&ラウンジが新設され、このカクテルが復活を遂げた。口に含むと、ひとことでは説明できない多彩な味がする。ブランデーの甘さ、フルーツのさわやかな香り......。さまざまな人がクロスオーバーする赤坂の街らしいカクテルといえる。
  •  
  • 窓越しに赤坂見附の交差点を行き交う人たちを眺めながら、グラスを傾けてみては?

  • 1973年からの名物カクテル「ムーンライト赤坂」。月に見立てたレモンスライスが浮かぶ。シャープかつシンプルな味。

  • 50周年記念の「神泡ビール」。専用の機器を使って麦芽で色をつけた泡を注いでいる。

赤坂スクエアダイニング バー&ラウンジ

関連記事

PREV
NEXT

STAY