TRAVEL

2019.02.28
TRAVEL

下田東急ホテル
眼下にナティエ・ブルーの海が広がる
大人のグランピング体験

伊豆・下田の海に面した高台に立つ、下田東急ホテルに優雅にアウトドア体験をできる、1日1組限定の宿泊プランが登場しました。今度の休み、 極上のシーサイドグランピングを楽しみませんか?
  • TEXT
  • Motoyuki Yagi
  • PHOTO
  • Takao Ohta
  • tags:
  • share:

サンセットから満天に煌めく星まで、
ドラマチックに変化する景色を堪能したい

  • 近頃、よく耳にする「グランピング」。 グラマラスとキャンピングをかけ合わせた造語で、自然のなかでありながら上質で快適な滞在ができるキャンプスタイルのことを指す。そんなグランピングを、美しい海を臨むロケーションで体験できるのが、下田東急ホテルの宿泊プランだ。
  • 眼下に広がる大浦湾。海はナティエ・ブルー(フランスの伝統色。緑がかった青)に輝く。
  • このホテルがあるのは伊豆・下田、大浦湾を一望する海抜56mの高台。眼下には穏やかで透き通った海を一望でき、ここを訪れたゲストは皆、「東京から近いのにこんなに美しい海があったのか」と思わないではいられない。そう、下田は東京から一番近い本物のリゾートなのである。
  • ホテルの海側に広がるのは、ヤシの木が聳え立つガーデン。きれいに刈り揃えられた芝生には、アウトドアで過ごすための基地となる大型テントが張られている。ここで寛ぎながら、伊勢海老や鮑、国産牛などのバーベキューを楽しみ、そのあとは温泉に浸かってホテルの部屋で眠る......。これが昨年の10月から 始まった1日1組限定のグランピングプランの内容だ。それは「自然のなかでバーベキューをしたいけれど、ホテルでもゆっくりしたい」という大人の我儘に応えてくれるもの。
  • テントの前には本格 的なBBQグリルとテーブルをセッティング。グラマラスな雰囲気十分。
  • 伊勢海老、鮑、サザエ、国産牛、伊豆でつくられたジビエソーセージなどを自分で焼く。
  • そして、このプランの一番の御馳走は、なんといっても美しい景色だ。チェックイン後、テントの中でゲームをしたり、ギターを弾いたり、本を読んだり。また、海を眺めながらガーデンで寛いでいると、だんだんと陽が落ち、空の色がドラマチックに変化する。それは身も心も癒やされる瞬間。さらに陽が完全に暮れると、空には月と無数の星が煌めく。東京では決して見ることができない絶景に、ただただ目を奪われる。
  • 天体望遠鏡もあり。
  • 優雅にアウトドアを楽しみ、リゾートも満喫する――下田の高台に佇む一張のテントには、都会の喧騒を忘れさせ、非日常感を盛り上げる、そんな特別な時間がある。今度の休み、パートナーと一緒に波音と潮の香りを感じながら、大人のグランピングを味わいたい。
  • 寒い日は、テントの中で食事をとることも可能。
  • テントの中には各種ゲームや芝生で遊べるラジコンカーなど、大人が懐かしく感じる玩具を用意。

グランピング!ガーデンバーベキュー付1泊2食プラン

  • 期間:通年
    料金:1泊夕・朝食付き¥27,800~(スーペリアツイン 1室2名様利用時のおひとり様料金)
    ※ お子様料金別途・消費税込み・サービス料込み
    宿泊条件:1日1組限定、2~8名様(8名様以上は応相談)
    内容:ガーデンバーベキューディナー、朝食ブッフェ ( レストラン )
    特典:スパークリングワイン1本
    → ご予約はこちら
  • 下田 東急ホテル
    www.tokyuhotels.co.jp/shimoda-h/

関連記事

STAY