SHIBUYA

2021.07.02
SHIBUYA

渋谷で楽しむ、
異国のスペシャルティコーヒー

  • TEXT
  • Mei Hiramatsu
  •  
  • share:

  • 海外の映画で観るような、明るく開放的なカフェにいつも心が踊る。
    店員さんと言葉を交わしおいしいコーヒーを飲めたのなら、間違いなく素晴らしい1日になるだろう。

    今回はそんな特別な体験をさせてくれる東京、渋谷のコーヒーショップ「Coffee Supreme Tokyo」をご紹介しよう。

誰もが気軽に立ち寄れるコーヒーショップ

  • 「色々なコーヒーショップがある中で、コーヒーがおいしいのは当たり前。街のハブのような存在で、誰もが気軽に立ち寄れるコーヒーショップを目指しています」

    1993年、ニュージーランドの首都ウェリントンで誕生したスペシャルティコーヒー専門店「Coffee Supreme」が、東京の “奥渋”エリアに上陸したのは2017年のこと。

    渋谷から代々木公園方面に向かう奥渋エリアはカフェ激戦区としても有名だが、Coffee Supreme Tokyoは上質なスペシャルティコーヒーに加え、コーヒーを通じたコミュニケーションや出会いも大切にしている。
  • 店内のカウンターや店先には椅子が並び、自転車でふらりと訪れてテイクアウトしていくお客さんの姿も。

ニュージーランドの定番ドリンク

  • ここに来たらぜひ注文していただきたいドリンクが、ニュージーランドやオーストラリアなどのオセアニアでは定番の「フラットホワイト」だ。

    「フラットホワイト」の名を聞いたことはあっても、ラテとの違いが曖昧な方も多いかもしれない。一般的に、エスプレッソにきめ細かく泡立てたスチームミルクを入れたものを指す「フラットホワイト」。
  • 砂糖のほどよい甘さがコーヒーと合うシュガードーナッツ¥330、フラットホワイト¥500

  • Coffee Supreme Tokyoの場合、エスプレッソはダブルショットで、ラテよりミルク量が少ない。そのためコーヒーの風味をより強く味わえる、コーヒー好きにはたまらないドリンクになっている。

    他にもアイスコーヒーに、練乳とミルクを合わせたシロップを入れた「ノーティーミルク」や、「エスプレッソトニック」など、暑い時期にぴったりのアイスドリンクも。日本では珍しい種類のドリンクが豊富に用意されているので、色々なメニューに挑戦してみるのも楽しい。

  • Coffee Supreme Tokyoの店内を見渡すと、グッズの展開が多いことに気付く。なかでも多数の種類を取り揃えるマグカップや、アーティストとコラボしたアパレルグッズは、日常で使いたくなるユーモアでスタイリッシュなデザイン。

    オンラインショップではグッズはもちろんコーヒー豆の購入も可能なので、あわせてチェックしたい。
  • サステナブル活動の一環として、毎日店舗で出るコーヒーカスを材料に再利用して作成、販売されているコーヒー石けん ¥1870
  • Coffee Supreme Tokyoのオンラインショップはコチラ。

    「少しでも来てよかった、休憩しようと思っていただけたら嬉しいので、息抜きや休憩がてらラフに立ち寄っていただけたら」と広報担当の上田さん。

    コーヒーを通じて新たな体験をさせてくれるCoffee Supreme Tokyoで、異国の風を感じてみては。

Coffee Supreme Tokyo

  • 住所: 〒150-0047 東京都渋谷区神山町42-3 1F
    TEL: 03-5738-7246
    営業時間: 平日8:00~17:00 休日9:00~17:00
    coffeesupreme.com
    ※Webサイトで最新情報をご確認の上、お出かけください。

関連記事

STAY