SHIBUYA

2020.08.14
SHIBUYA

「奥渋」でテイクアウトカフェを巡る 

  • TEXT
  • COMFORTS編集部
  •  
  • tags:
  • share:

注目のエリア、奥渋谷のコーヒーショップ

  • 東京、渋谷で近年注目を集めつつあるエリア「奥渋谷」こと奥渋。
    東急百貨店本店の奥を抜け、代々木公園方面に向かう神山町・富ヶ谷辺りを指すこのエリアは、カフェ激戦区としても有名で、街歩きをするだけで本格的なコーヒーが味わえる。
    今回はそんな本格コーヒーをテイクアウトできる、コーヒーショップ3店舗をご紹介。

FUGLEN TOKYO

  • コーヒー大国である北欧・ノルウェーのオスロに本店を構える「FUGLEN」が、海外進出第一号店として2012年、日本にオープンした富ヶ谷の「FUGLEN TOKYO」。
    店内にはノルウェーのヴィンテージ家具が並び、温かみを感じるコーヒーショップだ。
    FUGLENのコーヒー豆はノルディックローストという浅煎りの焙煎方法のため、口当たりがやわらかいコーヒーを楽しめるのが特徴。
    店内ではコーヒー豆の販売もしているので、憧れの北欧の味を持ち帰ることが出来るのも嬉しい。
  • 店内には温かみのある北欧家具が並ぶ。
  • カフェラテ560円。

FUGLEN TOKYO

  • 住所:東京都渋谷区富ケ谷1丁目16-11
    tel:03-3481-0884
    営業時間:月-木8:00〜22:00 金土日8:00〜24:00
    fuglencoffee.jp
    ※ Webサイトをご確認の上、お出かけください。

THE LATTE TOKYO

  • 3.7坪の小さなコンセプトストア「INN」に居を構える「THE LATTE TOKYO」は、その名の通りカフェ・ラテのお店。
    チョコレートラテやバナナラテから、他ではなかなか飲むことのできないココナッツラテなど、常時12種類のラテを楽しめる。コクが深く上品なフレーバーのラテは、コーヒーが苦手な人でも美味しく飲めること間違いなし。
    期間限定のチョコレートミントラテは、見た目の爽やかさはもちろん、フレッシュなミントの香りが夏にぴったりだ。
    その時々の気分で、お好みのフレーバーを選ぶことをおすすめしたい。
  • 期間限定のチョコレートミントラテ600円。ドリンクパッケージや内装等は年間6〜7回ほど入れ替わるため、8月8日(土)からパッケージは変更されている。

THE LATTE TOKYO

  • 住所:東京都渋谷区神山町3-3
    tel:03-6416-8298
    営業時間:月-金8:00〜19:00 土日祝10:00〜18:00
    instagram.com/the_latte_tokyo/
    ※ Webサイトをご確認の上、お出かけください。

    "]
  • プロが使えるコーヒー器具や生産者から届けるコーヒー豆を販売する
    Beasty Coffee by amadana」。
    奥渋にある「Beasty Coffee〔cafe laboratory〕」では、「Beasty Coffee by amadana」が扱うオリジナルブレンドのコーヒー豆を用いたコーヒーを味わえる。
    ハンドドリップで丁寧に淹れられたコーヒーのテイクアウト用カップには、印象的なビーストのイラストがプリントされており、思わず持ち歩きたくなるデザイン。
    自宅で本格的なコーヒーを淹れてみたい方は、Beasty Coffee by amadanaのコーヒー器具をチェックしてみるのも良いだろう。
  • 自宅で簡単に飲めるドリップバッグも販売されている。
  • カフェラテ550円。

Beasty Coffee cafe laboratory

  • 住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-19-3
    tel:03-6804-8101
    営業時間:9:00〜19:00
    定休日:不定休
    beastycoffee.com
    ※ Webサイトをご確認の上、お出かけください。

この取材内容は映像でも楽しめます!

  • 是非、ご覧ください。

関連記事

STAY