TRAVEL

2019.12.06
TRAVEL

金沢の冬の味覚6選
鮨 みつ川

冬の金沢の楽しみは、風物詩「香箱ガニ」をはじめとする、冬の味覚から。
冬ならではの金沢の味をご紹介します。
  • TEXT
  • Wakana Yanagida
  •  
  • PHOTO
  • Ken Nakayama
  • tags:
  • share:

美の宿る、繊細な職人技に 金沢の粋を見つける

  • 出格子が続く金沢らしい街並みを求めて、観光客がひっきりなしに訪れる「ひがし茶屋街」へ。しかし、目抜き通りから一歩小路を入ると、一転して静謐な空気がただよう。
  • ミシュランの一つ星を獲得している「鮨みつ川 金沢本店」も、細いクランクの角にひっそりと暖簾を掲げる。2005年に店主・光川浩司さんが開いた店で、現在は一番弟子の生田崇さんが切り盛りしている。
  • 「みつ川の鮨の真骨頂は“繊細さ”です。それを自分の握りで表現していきたい」と生田さん。たとえば、透けるほど薄くおろしたイカに大葉をあて、細く刻んだ握り。ねっとりと甘いイカに、驚かされる。
  • 左からイカ、しめ鯖、甘エビの握り。「冬の能登の鯖は脂がのっていますよ」と生田さん。
  • 金沢の冬の味覚といえば「香箱ガニ」。ズワイガニのメスである。みつ川の冬の名物は、香箱ガニの内子(卵巣)と外子(卵)を混ぜ込んだ酢飯に、カニ身・ウニ・イクラをのせた豪華なちらし鮨。漁が解禁されている約2ヵ月間だけ楽しめる、とっておきのご馳走だ。
  • 11月7日〜12月31日までの期間限定で楽しめる「香箱かにちらし」。各コースに追加できる(要予約)。
  • 加能ガニ(ズワイガニ)のカニミソ添え。おつまみと握りのコースは¥13,000(税別)。握りのみのコースは¥10,000(税別)。
  • カワハギの肝あえ。冬場は肝がおいしい。
  • 8畳ほどの店内には、遠野檜のカウンターや、和紙を編んだ網代天井(あじろてんじょう)、観音下石(かながそいし)の床石など、随所に厳選された素材が用いられており、空間自体がまるでひとつの工芸品のよう。
  • 金沢の伝統工芸の大樋焼や、地元作家の酒器など、器にも店主の審美眼が光る。冬の食材とともに、金沢の風格を魅せてくれる。
  • 生田さんは釣りの名手で、魚の目利きでもある。県内の漁師や網元から直接仕入れる魚も多い。

鮨 みつ川

  • 住所:金沢市東山1-16-2
    tel:076-253-5005 ※完全予約制
    営業時間:12:00〜14:00、17:30〜22:00
    定休日:水曜
    sushi-mitsukawa.jp/kanazawa/

関連記事

PREV
NEXT

STAY