TRAVEL

2024.05.24
TRAVEL

イラストエッセイ「旅じたくの魔法」
エレガントな服と靴

  • TEXT
  • Ayako Taniyama
  • share:

  • 旅の必需品。
    それは着回しのできる服。
    最低限のスキンケアとメイクの道具。
    ガイドブックと文庫を一冊。
    お気に入りのバスソルト。
    そしてディナーのための大判のスカーフとバレエシューズ。
    ディナーのためなんて気取っているけど、これは“ごっこ遊び”の必須アイテム。
  • 「エレガントな服と靴は必ず持ってくること」

    絵の学校の卒業旅行のオリエンテーションで目を丸くした。

    「ディナーの前にはシャワーを浴びてこざっぱりした格好をすること。エレガントなスカーフが一枚あればそれができるでしょう?」と、先生の話は続いた。

    ディナーにおしゃれ。気恥ずかしかった。でも、かろうじてエレガントと思われるスカーフとバレエシューズもトランクに詰めて、欧州旅行へ出かけた。
  • 日中は画板を持って南仏の街をさまよい、絵の具にまみれる画学生が、夜はおしゃれをしてディナーに出かける。

    エレガントな女性に変身(あくまでも本人の気持ちだけど)。

    これがね、とっても楽しかったのです。
    旅という非日常のなかで、さらに特別な時間をつくることって贅沢な遊びだなって。大人ごっこのようで面白いし、小さく畳めるスカーフとたいしてかさばらないバレエシューズで叶うことも素敵だった。
  • はい、あれから30年。

    すっかり大人になりましたが、相変わらず大人ごっこは続いています。いまでは「食事のときの服はこれでいいかな?」なんて確認しながら荷造りをする、夫という遊び仲間も加わりました。

    ガイドブック片手に歩き回った心地よい疲労感と、ささやかなお土産とともにホテルに戻り、大きく息をつきながら座り込んでしばし休憩。
    「さぁて」の声とともに、大人ごっこが始まります。

    バスソルトを入れたお風呂でくつろいで、お化粧してスカーフをさらりと巻いて。もう本物の大人なのだから、アクセサリーもつけましょうか。

    バレエシューズ越しに廊下の絨毯のフワフワを感じながら、しゃなりしゃなりと、私はメインダイニングへ向かいます。

絵と文:谷山彩子(たにやま・あやこ)

  • たにやま・あやこ
  • イラストレーター。セツ・モードセミナー卒業後、ギャラリー勤務などを経て、フリーのイラストレーターに。雑誌や書籍の挿画、絵本などを手がける。

関連記事