PERSON

2019.08.30
PERSON

SPECIAL INTERVIEW "HIDEKI MATSUI"
松井秀喜がニューヨークに住み続ける理由

ヤンキースへの移籍が決まったとき、ニューヨークの新聞各紙には 「ブロンクスにゴジラがやってくる」という見出しが躍った。
あの熱狂の日から16年、現役を引退してから7年目の現在も、松井秀喜は家族とともにニューヨークでの暮らしを続けている。日米の野球ファンに愛された彼の現在の生活と、将来の抱負を聞いた。
  • TEXT
  • Takuji Ishikawa
  •  
  • PHOTO
  • Tsukuru Asada
  •  
  • tags:
  • share:

  • ヤンキースを引退して7年になります。ニューヨークに暮らし始めてから16年、思えば長い月日が過ぎました。日本に帰国するのは平均すると年に2、3回というところでしょうか。東京の自宅は数年前に引き払ってしまいましたから、今は帰るというより仕事の出張です。とはいえ東京でホテルに泊まるのは、なんとなく違和感があります。長年住み慣れた自分の街という感覚が、まだ残っているのかもしれません。
  • ザ・キャピトルホテル東急「山王スイート」にて。書道家・篠田桃紅の墨絵が飾られた和モダンの部屋からは、緑溢れる山王の杜が望める。

  • 現役時代と今の暮らしの大きな違いは、規則正しい生活ができるということですね。選手時代はデイゲー ムもナイターもある、移動時間も長い......。今は毎朝、子どもと一緒に起きるという生活ですから。
  • 仕事のない日は、毎朝子どもたちと朝食を食べて、午前中は読書をしたり、メールのやりとりをしたりして過ごし、午後になれば子どもが帰ってくるので一緒に遊びます。上の息子が6歳、下が2歳。時々はボール遊びをすることもありますけど、野球にはあまり興味を示さないですね。好きになってくれたら、それはうれしいです。自分が関わりやすいですから。でもプッシュはしたくない。バットとグラブは何となく置いてあるんですが、上も下も今のところ残念ながらあまり関心はないみたいです。
  • まあそういう感じで、現在は子ども中心の生活です。運動はほとんどしていません。ジムもまったく行かないですし。体重は現役時代と変わらないんですが、筋肉は落ちただろうから、中身はだいぶ変わってるんでしょう。もしもブクブク太りはじめたら、鍛えればいいかなと思うくらいです。
  • 現役の頃は、身体を常にいい状態に保ちながら毎日を過ごさなければいけませんでした。生活はだいぶ変わりましたが、引退したときには身体もあちこちに痛みが出ていましたし、やり切ったという思いがあったから、あまり寂しさはありませんでした。引退と同時に長男が生まれたので、気持ちを切り替えやすかったということもありますが。
  • ニューヨークヤンキースには7年間在籍した。途中、ケガに苦しめられた時期もあったが、持ち前の勝負強さを発揮してヤンキースのワールドシリーズ制覇に大きく貢献、MVPに選出された。
  • ニューヨークに暮らし続けているのは......、じつはこれといった理由がないんです。引退して、さあどうしようかと。その頃はまだ東京にも家があったので、帰る選択肢もなかったわけじゃないけど、なんとなくですね。妻と相談はしましたけど、決め手はなんとなくです。とりあえずもう少しこっちにいようかという感じで、居続けています。
  • ヤンキースからは今も野球に関わる仕事をさせていただき、感謝しています。肩書きはヤンキースGM特別アドバイザー。なぜ私に声をかけてくれたかはわかりません。僕がニューヨークに住んでいたので声をかけやすかったんじゃないでしょうか。引退した選手は、故郷に帰ったり、どこかほかへ行ったりして、みんないなくなる。ニューヨークに残っている人はもう何人もいません。
  • 仕事はマイナーリーグの若手の指導です。基本的には野手のバッティング。ピッチャーも見てほしいと言われているので、打者目線でピッチャーのレポートもしています。球場が離れていて、マンハッタンからはクルマで片道2時間。自分で運転して、その日に帰ります。運転は好きですけれど、往復4時間は少しばかり長く感じます。月の半分は行っています。シーズン中の4月から9月の間だけですけれど。

  • 昔と比べると、今の選手はデータと映像をすごく重視しますね。僕らの時代は、もう少し感覚的なことを大切にしていた気がします。長嶋さんは音で指導されてました。僕に素振りをさせて、音を聞きながら一振りごとに全部「今のはいい」「今のはダメ」と言う。自分で聞いても音の違いなんてわからないから、半信半疑でした。でも、質問なんてできない。19歳、20歳頃ですから。ひたすらバットを振り続けるだけ。ところが毎日教えていただいてると、自分でも音の違いがわかるようなる。それが助けになりました。自分でスイングの良し悪しが判断できるわけです。僕はそうやってバッティングを作りあげてきました。長嶋さんの引退の年に僕は生まれたので、現役時代の活躍を生で見たことはありません。映像で見るだけですが、天覧試合のサヨナラホームランはとくに印象的です。スイングのスピードがとにかく速い。長嶋さんは指導されるときも、スイングのスピードとキレを重視されていました。
  • 今の若手にそういう話をすることはありません。そもそもアメリカでは素振りが重視されていない。だからやはり彼らの大事にしていることを優先してアドバイスします。現役時代、こういうタイプのピッチャーに対しては何を意識して打席に立っていたとか、彼らは実戦的な話を聞きたがることが多いです。
  • だからマイナーリーグの試合にはよく立ち会います。監督とコーチがいて、僕はそのうしろでベンチワークを見ているのですが、采配とか興味深いですね。勉強しているつもりはないですが、野球好きな人間としては、責任のない立場で同じベンチに座って見るのはおもしろい。
  • 「なんで打たないかなあ」とか「どうしてその球を振るの」とか思いながら。それはみなさんが観戦するときと同じです。まあでも、打者目線で見ますから、その振ってしまう気持ちもわかるんですが。このピッチャーなら、自分はこういう意識で打席に入るだろうなとか。それがまったく違う意識で入ってるなというのが、振っている姿を見ているとやっぱりわかる。ちょっと準備不足だなあとか。さすがにスイングの音までは聞こえませんけど。

  • 自分でもいつか采配を振るいたいんじゃないかという質問を受けることがよくありますが、今のところ興味がわかない、というのが本音です。自分にその情熱がわいてくるかどうか、それが正直わからないんです。そういうものがわいてこないと、前向きにはなれない。
  • ニューヨークは大好きだけど、どちらか選べと言われたらやはり日本です。友だちはたくさんいるし、暮らしやすいのは間違いない。ホテルに泊まるにしても、サービスは断然日本のほうが上ですから。
  • だけど、ここにいると普通に散歩ができるんです。人目を気にせず、息子を連れてセントラルパークに行ったり、ハドソン川沿いを歩いたり。今の僕にはそれがいちばん大切なことです。目立たないことが、どんなに気持ちを楽にするか。それを強く感じています。だから、まだしばらくはニューヨークにいると思う。今の静かな生活を楽しみたいんです。

HIDEKI MATSUI

  • 1974年石川県能美市に生まれる。
    星陵高校から1993年、ドラフト一位指名で長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツに入団。球界を代表する長距離バッターに成長。2002年海外FA権を獲得、2100万ドルの3年契約でニューヨーク・ヤンキース移籍。9年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献したのち、ロサンゼルス・エンゼルスなどを経て2012年引退。
    現在ヤンキースGM特別アドバイザーを務める。

関連記事

STAY