GOURMET

2019.06.07
GOURMET

大森グルメ案内
レストラン シャングリ・ラ

東京・大森は、下町風情が色濃く残る大田区北部のエリア。老舗からおしゃれなレストランまで、さまざまな料理店が軒を連ね、かならずおいしい料理に出会えます。なかでも素材にこだわった肉料理は、毎日でも食べたいおいしさ。大森の自慢の一品をご紹介します。
  • TEXT
  • Natsumi Agarie
  • PHOTO
  • Naoto Shoji
  • tags:
  • share:

和牛の旨みが凝縮された贅沢なハンバーグ

  • JR大森駅中央改札口を出て左側の通路を進むと、大森東急REIホテルの3階エントランスに出た。大きな荷物を抱えた宿泊客にとって、この利便性はありがたい。レストラン「シャングリ・ラ」はホテルの5階にある。ランチやディナーの時間には、宿泊客だけではなく、常連や地元の人たちでにぎわう。人気のハンバーグは、和牛100%。ナイフを入れた瞬間、中に閉じ込められた肉汁がじわっとあふれ出た。ソースは、デミグラスソースとおろしポン酢ソースの2種類から選べる。牛すじ肉と香味野菜を煮込んだデミグラスソースは、和牛の濃厚な味わいを引き立てるため、あえてさっぱりと仕上げているそう。おろしポン酢ソースは、かくし味にオレンジとすだちの果汁を加えていて、さわやかな香りが広がる。店内は優雅でありながらアットホームな雰囲気。ホテルのレストランだが肩ひじ張らず、気軽に立ち寄りたい。

  • 「和牛ハンバーグ(200g)」 単品¥2,000、セット¥3,250。セットはサラダとスープ、 パン、コーヒー。ランチでも提供される。

レストラン 「シャングリ・ラ」

関連記事

STAY