COLUMN

2019.12.13

camera to travel〜カメラ・ト・トラベル Vol.5
南町田グランベリーパーク編 前編

まつゆう* written by まつゆう*
  • tags:
  • share:

  • こんにちわ!まつゆう*です。 この連載「camera to travel~カメラ・ト・トラベル」も、ついに5回目。今回は、2019年11月13日にオープンした『南町田グランベリーパーク』へご招待いただきました!

    駅、鶴間公園、ミュージアム等がある「パークライフ・サイト」、ショッピングゾーンの「グランベリーパーク」が一体となった『南町田グランベリーパーク』。

    いつもは、旅先の場所を決めていただいて、その街をノープランでぶらり旅だったのですが、今回はまだオープンする前の11月7日にお先に探検させていただきました。
  • まず駅に到着してすぐ目に入ってきたのは、滝とスヌーピーのコラボレーション。左の写真を見ていただいただけでは判らないかもしれませんが、実はこの滝が流れているのは駅構内。駅の中に滝が流れているのは、この駅だけなんだそうです。気づかない人も多いかもしれませんが、かなりレアな滝なんですよ。そして、パーク内には、入るとたくさんのスヌーピーがいます。あとで、またご説明しますが「スヌーピーミュージアム」があるんですよね。「グランベリーパーク」のロゴもなんだか、ちょっとアウトドアだったり、自然を彷彿とさせるデザインで私は好きです。
  • グランベリーパークを入ってすぐ気になる建造物を発見。
    シアタープラザと呼ばれる場所で、たくさんの煙突のようなオブジェが立ち並び、そのオブジェにはさまざまな映像や音楽が流れ、楽しめる大型LEDビジョンになっていました。本物の炎を使ったパフォーマンスに思わず「うぉっ」と叫んでしまったくらい。近くで見て臨場感を楽しむのもよし、遠くからみて、映像を堪能するのもよし、子どもたちや恋人たちに良さそう。クリスマスとかどうなるんだろう!?

  • さて、お腹がだいぶ空いてきましたよ。ここには、レストランや、カフェがいっぱいあります。気軽に楽しめ、お子さんと一緒に気兼ねなく入れるフードコートも。すぐ側には、キッズスペースもありました。こんなにいっぱいあったら迷っちゃいますね。関東では唯一、ビュッフェスタイルの「KFCレストラン」もあるんです!「さぁ、何食べる?今日一日を元気に乗り切るには、やっぱりお肉でしょ!」

  • やってきたのは、「AMERICAN HOUSE STEAK & TACOS」さん。写真は、店内で撮影したものですが、インテリアも可愛らしくて、SNS映え間違いなし。アメリカンな装飾なので、少しポップな色合いのファッションで行くと、さらに可愛い写真が撮れそうですね。
  • 私達がオーダーしたのは、「ワイルド・ウエスト・オニオン」、「モンスターチーズバーガー」、「リブアイステーキ」テレビでも紹介された「チーズケーキ」と「アップルパイ」。アメリカンサイズなので、大人数でわいわいとお話しながら、食べるのにぴったりでした。
  • リブアイステーキのお皿は、びっくりするほど熱い状態で出てくるんですが、そのお皿にお肉を押し当てることで自分の好きな焼き加減にすることができます。しっかり焼きたい派と、レア派で分かれた時に自由にできるっていいですよね。ちなみにお味は、全部美味しかったです。特に「ワイルド・ウエスト・オニオン」は、はじめて食べたんですが、クセになりますね。コーラがすすみました(笑)ごちそうさまでした!
  • 続いては、ちょうどレストラン街から見渡せるところにあるアウトドアブランド「mont-bell(モンベル)」さんへ。国内最大級の店舗になっていて、建物と同じ高さのクライミングピナクルや、カヤックの体験ができる人工池があります。私はとてもじゃないけどクライミングはできないので、代わりに登ってもらったんですが、結構キツイとのこと!
  • 私は、カヤック体験。水がはねてくるので防水のmont-bellのウエアを貸していただき、池を2周ほど。結構、カヤックって難しい。でもこれお子さんとかは、簡単に覚えてしまうかもですね。ぜひ、体験してみていただきたいです。
  • クライミング体験:小学生600円、中学生以上800円
    カヤック体験:3歳以上 600円

  • 続いては、たまたま見つけた書店「LIBRO」さんへ。
    自分の本置いてないかな?って、気になっちゃって探してみたら、あったー!置いていただいているなんて、なんだか運命感じちゃいます。
  • ここは、遊べる施設や、ショッピング施設がいっぱいあるのですが、まずは遊べる施設&便利な施設からまとめてご紹介します。
  • 109シネマズグランベリーパーク。館内には10スクリーンあり、メインシアターは革新的な4Kレーザー投影システムと最新の12chサラウンドシステムを採用した「IMAX®レーザー」が。ハリウッドの大作映画や、ミュージカルなどは、遠くからも見に来る価値がありますね。
  • また、「ここは子供連れにとっても優しい。」と思いました。この写真は「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」というセガが手掛けるキッズ向け施設です。NHKの子供向け人気番組「いないいないばあっ!」「おかあさんといっしょ」「みいつけた!」の世界が体験できる日本最大級の施設。「見る」「触る」「身体を動かす」ことで子どもたちの好奇心を刺激し育める場所に感じました。

  • また、トイレもベビー用の可愛らしい授乳室や、おむつ台、トイレトレーニング用のキッズトイレもあり、小さなお子さんを連れていってもママたちは安心できるんじゃないかな、と思いました。

  • アウトレットショップも充実していて、なんと!すでに冬服が80%OFF!
  • と、いうことでいつもと同じくらい書いてしまっているのですが、実はまだまだ『南町田グランベリーパーク』は魅力いっぱいなんです。書いても書いても書ききれない。
  • こちらは2019年12月14日にオープン。パークライフ・サイトにある『スヌーピーミュージアム』です。駅やグランベリーパーク内にたくさんスヌーピーがいる理由がなんとなくわかったでしょ?こちらは、中を見学できませんでしたが、改めて遊びに来るきっかけになりそうです。
  • 次週、『南町田グランベリーパーク』は後編に続きます!
  • ※各店舗情報は2019年11月時点の情報となります。
  • camera to travel〜カメラ・ト・トラベル Vol.5 南町田グランベリーパーク編 後編

まつゆう*

  • クリエイティブ・プランナー / ブロガー
    東京生まれの渋谷育ち。1993年よりモデルとして活動開始。
    1998年、ウェブマガジン「chelucy(チェルシー)」を立ち上げ、ビューティー、ファッション、トラベルなどの独自視点の可愛いカルチャー情報をウェブ、ブログ、SNSなどで早期から発信し続け、多岐にわたる分野で活動中。
    現在は、「大好きは、ボーダーレス!」をテーマに掲げた、セレクトウェブマガジン『m’s mag.(ミズマグ)』を日々更新中!

新着記事

PREV
NEXT

STAY

WRITER LIST

  • まつゆう*
    まつゆう*
  • 長谷川 あや
    長谷川あや
  • 松原 江里佳
    松原江里佳
  • 芳美 リン
    芳美リン
  • 三原 勇希
    三原勇希